原状回復工事ってなに?


賃貸物件に住んだことがある人ならば、一度は聞いたことがある『原状回復』。
原状回復工事は、退去の時に問題が出てきます。
賃貸物件を借りた人は、退去の時に、部屋を借りた時の状態に戻す必要があります。
経年劣化などで、自然と壁紙の色が変わってしまったりする場合は、賃貸契約書に書いてある比率で、賃貸人と賃借人が折半で原状回復の責任を持ちます。

しかし、タバコの使用などによるヤニ焼けの場合は、賃借人の責任で壁紙を貼りかえることになります。費用は賃貸人と折半するよりも、高くつき、原状回復工事費用が高くなってしまいます。
特に、原状回復工事の場合、管理会社が指定した業者を使用することが多いため、賃借人の方で、どのくらいの原状回復工事費用が請求されるのか、びくびくすることも多いです。

敷金をある程度預けている場合は良いですが、敷金がゼロの物件に入居している場合は、退去の時に大金が必要になる可能性も出てきます。

後で慌てないためにも、原状回復対策は考えておきましょう。

原状回復工事の基礎知識マニュアル

原状回復工事のポイント

原状回復工事の気になる注意点

ピックアップ

原状回復工事はスッキリ計画(東京/埼玉/神奈川/千葉対応)
原状回復工事はスッキリ計画(東京/埼玉/神奈川/千葉対応)
関東近辺の原状回復工事を扱う【スッキリ計画!】なら、不用品から産廃まで全て処分できます!退去に伴う原状回復の悩みを一度ですっきり解決したい人にピッタリです!
ごみ処分で悩んでいる人にもお勧めなので、まずは見積もりを!

新着情報

コメントは停止中です。